TOEICの教材はどれがいい?

おすすめの情報

おすすめの教材をご紹介して行きます。

TOEICの教材はどれがいいでしょうか。

当サイトの運営者は、これから定期的にTOEICを受けながら、一生英語の勉強を継続して行きたいと思っています。

評判の良い物を調べて少しずつ書いていきますので、よろしくお願いします。

9月のTOEICに申し込みました。
受けると決めると、そして、実際に申し込むと、より勉強しよう!という気持ちが強くなるので、これからは定期的に 受けて行きたいと思っています。

今度こそ英語の勉強をやめないで継続して行けるようにしたいものです。


9/12にTOEICを受けました。
会場が女子大で、受験者も女性のみでした。 女性のみだと精神的にかなり楽ですね。

「スリッパは持参」のはずが、意外にも持っていない方が多くて、
入り口で普通に貸し出していたのですが、私は持参していたのでお借りしませんでした。

でも、私もお借りすればよかったと思いました。
というのも、おトイレに行ってみるとお手洗い用の履物がなく、
自分のスリッパでそのまま入る事になったので。

TOEIC受験の為のお部屋はいくつかあって、受験番号によってお教室が
分かれていました。

私の受験番号が割り当てられたお部屋は、大きな講堂でした。
後ろの入り口から教壇に向かって段差が付いていました。

入り口から入る前に、係りの方から、受験票に貼った写真が適性な大きさか
という事と、免許証の写真と、本人と、受験票に貼った写真が本人に
間違いないか何度も見比べて確認されました。

15年前に受験した時と違って随分とチェックが厳しくなっている事に驚きました。

私が用意して受験票に貼った写真は、枠から5mmはみ出していました。
それで、その場で定規とボールペンをお借りして、写真の上から正しい大きさに
線を引いて、ハサミで切り取ってから、予備の受験票に、少し分厚くなりますが、
写真を貼り直して、受験番号などを記入し直しました。

書き写した時に、受験番号の末尾の数字が小さめだったのを、普通の大きめに
書いてしまって、自分の受験番号がとても読みにくくなってしまいました。

そのままお教室に入って、席を探す際には見事に番号を読み間違えてしまって、
既に席に着いている方の斜め後ろで困っていたら、係りの方と、教室中の方の笑いを
誘いました。

それにしても、教室前の黒板に書いてある座席表が、黒板のすぐ前まで降りて行かないと
遠くからでは見えなくて不便でした。

お部屋は、クーラーが聞きすぎていて異常に寒く、鞄から日焼け防止用の袖を2セット
取り出して、両手と、両足に付けてみましたが、まだ冷えて凍えました。

それで、準備時間中に席を立って、後ろの出口から出て、体操をしたり、受付が終わって
お時間が出来た係りの方に申し出て、温度を上げてもらえるようにお願いしました。

私の他にも、カーディガンなどを何も用意していない方で、寒さが我慢できない方がいらして、
大丈夫ですか? と始まる前に全体に聞かれた際に、かなり強く申し出て、座席を一番右端の、
クーラーの風が直接降りて来ない場所に変えていただいていました。

その方が席を立って移動している間に、他の方も何人か思い直して、手を上げて席を移動しました。

私は温度を上げてもらって、両手、両足に、お袖を付けて、体操をしてからカーディガンまで
着たら、ようやく少し暑くなって、カーディガンを脱いで、元々の自分の席でそのまま受験しました。



TOEICの受験中は、リスニングの方は時間通りに進めるしかなくて、時間がない中でも全問解いて
進められますが、リーディングの方は、読み返す時間がないと知っていたのに、3度読み返すことを
どうしてもやめられずに、かなりの問題数を残したまま、残り5分となってしまって、そこで問題を
解くのをやめて、マークシートなので、一応全部の解答欄にチェックだけして出して来ました。

今回、目標スコアは600でした。
でも、リーディングで3割程度解き残したので、当日既に600は行かないと自分でも分かりました。

会場の椅子はクルッと引き出して、座って押さえている間だけ机の前に出ているタイプの椅子で、
とても座面が小さく、普通に硬い椅子だったので、とても座り心地が悪くて困りました。

私は坐骨神経痛なので、2時間半後にはお尻の痛みが限界でした。
床に座るのと同じ固さなので、ウレタンフォーム入りの分厚い座布団を持参すべきでした。
そこまでは全く気が回っていませんでした。

15年ぶり、4回目のTOEIC受験は、体力的にとても厳しかったと言えます。
疲労困憊してお部屋を出て、廊下を歩いていたら、珍しく私より年配の係りの方とすれ
違ったのですが、その時、心を込めて、「お疲れ様でした」と声を掛けていただく程、
私はパッと見て分かるほど疲れきって、よろよろしていました。


試験のあと、本当だったら、家に帰ってばったり倒れて寝てしまいたいところでしたが、
お休みの日なのに家を空けて、試験を受けさせてもらった手前、そのまま
家でゆっくり休むなどという選択肢はなくて、すぐに家族と合流して、娘と公園で走ったり
していたら、疲れはしましたが、体がほぐれて、血行が良くなって、少しだけ元気になりました。


TOEICは2時間、休む暇もなく、すごい勢いで問題を解き続けないといけないテストになるので、
健康で、充分に体力がないと気軽には受けられないと思います。


公式サイトでネット申込みをしたので、少し早めに、3週間後には結果が分かりました。
15年ぶりに受けたTOEICのスコアは520でした。

全問解き終えたリスニング部門は330、3割程度残したリーディング部門は、190でした。

目標よりかなり低いスコアですが、そもそも、一番英語を勉強していた頃よりも何故高いスコアを 目指していたのかが今となってはよく分かりません。

今までで一番良いスコアを出せたので、英語力が極端に落ちていたのを、この1年で 取り戻せたと分かって良かったと思いたいです。

久しぶりのTOEIC受験はとてもきつかったですが、こうしてスコアが出て、現在のレベルが
はっきりすると、スコア520に一番ぴったりな教材を選択する事ができるので、良かったと思います。

また、リーディングのテストを受けていて、難しい英単語を沢山含む文長文を、普段からもっと
読んで慣れて行かないといけないと強く感じました。


テストについて
点数について
勉強法について

TOEIC教材ランキング

TOEIC教材ランキングです。

TOEIC教材一覧

TOEIC教材一覧です。

教材

教材リンク

教材クラウド

勉強法 教材 問題集 テキスト テスト test アルク リスニング 時間 比較 レベル 600 文法 配点 リーディング 英単語 受験料 対策 講座 試験
Yahoo!ブックマークに登録